眼精疲労治療室

眼の疲れによる

  1. 充血

  2. 眼痛

  3. 眩しくて涙が出る

  4. 目瞼のケイレン

  5. 肩こり

  6. 頭痛

  7. ストレス

などの症状に対しては…

週に2~3回の治療を受けると効果が期待できます。
40~50歳の男女の老眼鏡使用においても初期の場合、近点調節回復には、効果がバツグンですので定期的に(週2回程度)は、治療を受けて下さい。

20~30代の人の眼精疲労については、睡眠によりある程度、機能回復も認められますが、調節機能の回復には、よりすぐれた効果を示しますので、疲れを感じたら、すぐ治療を受けて下さい。週に何回でも結構です。

眼精疲労治療の上手な受け方

 

壁の色と絨毯の色は、眼に刺激を与えないパステルカラーを使用しています。アロマテラピーによるリラクゼイションを目的とした「ラベンダーの香り」を5ヶ所に設置し、室内にクラシック音楽を流し、ミュージックテラピーも実施しています。

実際の治療では、人と人の触れ合いを重視して7人のアイサポーター(男性1名、女性6名)が在籍。アイサポーターたちがおこなうオリジナル・アイマッサージが特に好評を得ています。

ベッド数 7台稼働 

治療室は…